会社方針

会社方針

○経営理念
  1.全社員が、生き生きと働き、前向きにチャレンジし、
    仕事の達成感・充実感を実感できる組織になる。
  2.社業を通じて、より豊かな社会への進歩発展に
    貢献できる製品を作りだす。

○品質方針
  1.社員1人ひとりが品質意識を持ち続け、
    「顧客の信頼と満足度」を得る製品を
    作りだしていきます。
  2.品質マネジメントシステムを継続的に改善し、
    品質向上に努めます。

CEOメッセージ

CEO


当社は、設計~組立・運転まで一貫生産できる「ものづくり企業」として、
1983年の創立以来、お客さま、パートナー、その他関係する皆さまや社会と
共に歩み、委託製品である舵取機・フィンスタビライザー等の舶用機械や
ボイラー用ファン等の送風機製品、また設計製品であるタービン・コンプレッサー用
給油装置、発電機用軸密封油装置/固定子冷却装置等のプラント関連機器の
製造を通し、より豊かな社会への進歩発展に貢献して参りました。

昨今、インターネットに代表されるITの発達、新興国の成長等により、
市場はグローバル化され、世界のマーケットは大変厳しい競争になってきました。
そのような中で、当社の存在価値を確立するには、技術・品質・納期・コストなど、
全てにおいて他社に負けない能力を維持していくことが求められます。
その為には、全社員が常に「ものづくり」のプロとしての自覚と向上心を持ち、
日々の業務に邁進して行く事が必要です。

当社は、全社員が生き生きと明るく前向きにチャレンジする企業風土と、
「ものづくり」という社業を通じて社会に貢献するという強い使命感を持ち合わせており、これからも会社の発展を通し、より豊かな社会作りに貢献する企業として、
引き続き全社一丸となって取り組んで参りますので、今後とも、当社をご愛顧
頂きます様、宜しくお願い申し上げます。
                     代表取締役社長 木村 昌敬 

会社沿革

1963年 5月
長崎県金属工業協同組合(貝津工業団地)設立
1983年11月
貝津工業団地の一社として三幸工業設立
1985年11月
送風機初号機納入(委託品)
舵取機初号機納入(委託品)
1985年12月
油圧装置初号機納入
1986年 1月
遠心圧縮機初号機納入(委託品)
1987年 5月
フィンスタビライザ初号機納入(委託品)
1990年 4月
長菱ハイテックに社名変更
資本金を30百万円から60百万円に増資
三菱重工業株式会社長崎造船所の関連会社となる
2004年 6月
資本金を92百万円へ増資
2006年 4月
ISO9001認証取得
2008年 6月
大型組立工場を増設、大型機械工場を拡張
2014年 7月
油圧装置1,000台納入
2014年 10月
三菱重工舶用機械エンジン株式会社の関連会社となる